2013/02/15(Fri)
文部科学省がまとめた平成25年度の「予算重要政策」の原案が22日、明らかになった。 「新たな教育改革を推進する」として小中一貫教育、六三三四制の改革を明記。 「先端科学技術への挑戦」を掲げ、経済成長に向けて科学技術への投資を重視する姿勢を鮮明にした。 具体的には民主党政権で30億円に削られた小惑星探査機「はやぶさ2」の事業費を約4倍に拡充する。

23日に自民党側に提示する。原案には道徳教育の強化、減災・防災と国土強靱(きょうじん)化、理数教育の推進なども盛り込まれ、衆院選で自民党が打ち出した「安倍カラー」を色濃く反映する中身となった。

基本方針として
(1)学力と人間力を備えた人材を育成するための教育再生
(2)文化芸術・スポーツの振興
(3)科学技術・イノベーション推進の国づくり-の3つを列記。
その上で「世界トップの学力と人間力の実現」
「安心して教育を受けられる環境の整備」を2本柱に個別政策を進める。

教育環境の整備では、社会問題化しているいじめへの対策として、生徒の悩みを聞くスクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーの配置拡充を明記。「国富を実現する国家プロジェクト」として、医療・創薬分野で人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いた再生医療の実現を掲げた。

同省は前年度比7.2%増となる6兆455億円の概算要求をすでに財務省に提出。

安倍政権の発足を受け、民主党政権時代の政策の見直しを進めていた。

小惑星探査機「はやぶさ2」予算4倍増 文科省が予算重要政策原案 - MSN産経ニュース

日本の技術を支えるために大事なのは科学技術を推奨することだ。それの象徴ともいえるのがはやぶさの帰還だった。はやぶさのデータを真っ先にほしがったのはNASAだったわけだが、民主党はこの偉業をほとんど理解できてなかったようだ。テレビで報道すらしなかった。

筆者はニコニコ動画を見ながらはやぶさの帰還を一日中待っていた。それだけの世界的な偉業だったわけだ。帰還後、全ての新聞が一面ではやぶさの偉業を褒め称えた。それなのに民主党ははやぶさの予算を削りまくっていた。科学技術の予算はこれからもしっかりとふやして頂きたい。

 宇宙大好き at 2013/02/15(Fri) 16:36コメント(0) 
2013/02/01(Fri)
世界有数の民間宇宙船開発企業アルマジロ・エアロスペース(Armadillo Aerospace)が開発中の、垂直に離着陸できる推進システム。同社は、地表からおよそ80キロの上空で弾道飛行するプランの予約受け付けを開始して いる。価格はわずか10万ドル(約900万円)少々で、今後数年の内に実現するという。具体的な日付や飛行時間などは明らかにされていないが、パートナー 企業のスペース・アドベンチャーズ(Space Adventures)を通じて座席が販売されている。

ニュース - 科学&宇宙 - お手頃プラン、個人宇宙旅行の未来 - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ)

生まれて死ぬまでに一度は行ってみたい宇宙。それは宇宙飛行士以外には夢物語だったのだが、21世紀になってそんな夢物語が適うようになってきている。価格はわずか10万ドルだという。900万ぐらいのようだが、問題は宇宙に行くには訓練しないとダメなところだ。

生涯に900万ほどなら用意出来るとしても、宇宙に行くための訓練や、帰ってきて筋力が著しく低下するなどといった後遺症がある。そういった意味ではまだまだ手軽とも、お手頃もいえない。

しかし、技術の進歩次第では、もっと気軽に宇宙に行ける時代が来るかもしれない。宇宙旅行、月旅行、火星・・・人類のフロンティへの挑戦はこれから続く。


 宇宙大好き at 2013/02/01(Fri) 16:09コメント(0) 
          1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   
最新記事
最新コメント