2014/02/15(Sat)
136億歳の星を発見

【2014年2月10日 Phys.org】

これまで見つかった中で最も古い、136億年前に誕生した星が天の川銀河内で発見された。 この星の材料を生み出した宇宙初期の超新星爆発の性質などを知る手がかりにもなるという。

---------------------
オーストラリア国立大学のStefan Kellerさんらの研究から、天の川銀河内6000光年彼方にある恒星が136億年前に誕生したものであることが判明した。 これまでに132億歳の星が2つ発見されているが、それを上回る「宇宙最古の星」ということになる。

研究チームは、同大学がサイディングスプリング天文台に持つSkyMapper望遠鏡を用いた5年間のサーベイ観測データから、
この恒星のスペクトル(光の成分)に検出可能な量の鉄が存在しないことをつきとめた(注)。

これは、この星が宇宙初期に作られたことを示している。 なぜなら、誕生したばかりの宇宙にはヘリウムや水素といった軽い元素しかなく、 鉄のような重元素は星が終末を迎える超新星爆発で作られる、つまり星の世代を経て合成されるからだ。

今回のような鉄をほとんど含まない星の場合、そこに含まれる重元素(水素とヘリウム以外の元素)は、 太陽のおよそ60倍の質量を持つ星が低エネルギーの超新星爆発を起こしてまき散らした炭素その他の比較的軽い元素が大半を占めるとみられる。 他にも同様の星が数個検出されていることから、こうした低エネルギーの超新星爆発は当時ありふれた現象で、 宇宙初期の星や銀河の形成、そして元素分布の進化に大きな役割を担っていたのかもしれないという。
---------------------
注:「検出された鉄の量」 本研究で検出可能な鉄の量の下限値は、太陽に含まれる鉄の量のおよそ100万分の1なので、鉄が存在してもそれより少ないということになる。
___________

▽記事引用元 AstroArts 2014年2月10日配信記事

http://www.astroarts.co.jp/news/2014/02/10oldeststar/index-j.shtml

136億年前の星が見つかったというニュースだが、宇宙誕生が136億年前とするなら、この星は宇宙が誕生してすぐにできた星となる。もっともすぐといっても人間の感覚では気が遠くなる時間だ。ただ、宇宙には宇宙がなぜ誕生したのかというもっともわからない理由がある。

宇宙が誕生したから星が生まれた。では、宇宙はなぜ生まれたのか。そういったよくわからないことを暴き出すには宇宙の最初の状態を知らなければならない。だから、このような星を見つけることが重要なわけだ。

今、ほぼビックバン理論が信頼されているが、本当がこれが正しいかどうかはまだまだわからない。そもそも理論はそれに近い出来事があるだけで、必ず証明されたわけでもない。ヒッグス粒子のような証明はなかなか難しいわけだが、人類の宇宙への謎の探求は尽きることはない。それは実はインターネットの世界も同じなのだ。

インターネットの凄いところはこの瞬間でも、何百、何万といった情報が生まれているところ。宇宙空間にたとえるなら、サイトは星のようなものだ。その星を開拓することでさまざまな情報を共有することができる。


 宇宙大好き at 2014/02/15(Sat) 19:33コメント(0) 
            1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
 
最新記事
最新コメント