2014/06/15(Sun)
今夏、エルニーニョ発生か 長梅雨や冷夏の恐れ

2014年6月10日19時54分

気象庁は10日、世界的に異常気象を引き起こすとされる「エルニーニョ現象」が今夏、 5年ぶりに発生する可能性が高いと発表した。長梅雨や冷夏をもたらすおそれがあり、 同庁は「農作物への影響も考えられる。今後の予報に注意を」と呼びかけた。

エルニーニョは、東太平洋の赤道付近の海面水温が平年より0・5度以上高い状態が半年続く状態。気象庁によると、4月の水温は平年より0・3度、5月は0・6度高かった。同庁は「このまま高い値で推移するとみられ、発生まで近い」と説明している。

同庁は、エルニーニョの影響で今夏は太平洋高気圧の北への張りだしが弱く、北日本は 冷夏で多雨になると予想している。全国的に梅雨明けも遅くなりそうだという。

ソース:朝日新聞デジタル(2014年6月10日

宇宙の話題とは少し関係ないのだが、エルニーニョ現象が今年、発生する可能性が高いという。そういえば、今年は梅雨なのにほとんど雨が降っていない。これもエルニーニョ現象の影響なんだろうか。雨が降らないのに梅雨というのも変だが、夏が冷夏になれば過ごしやすくはなる。ただ、最近の気象は当てにならないことが多いので、それほど鵜呑みにはできない。


 宇宙大好き at 2014/06/15(Sun) 16:35コメント(0) 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
         
最新記事
最新コメント