2014/09/15(Mon)
政府、新宇宙基本計画を策定へ 10年の長期に

政府の宇宙開発戦略本部(本部長・安倍晋三首相)は12日、宇宙の開発や利用に関する政策を定めた「宇宙基本計画」について、年末をめどに新たな計画を策定することを決めた。 安倍政権の安全保障政策を反映させ、10年の長期計画にする。

この日の会合で、安倍首相は「わが国の安全保障上、宇宙の重要性は著しく増大している。 一方、自前で宇宙開発事業を行う産業基盤が揺らぎつつある」と指摘。厳しい財政状況を踏まえ、 施策の優先順位を明らかにする意向を示した。

現在の計画は2013年1月に戦略本部が決定。 13年度から5年間を対象とし、5年後をめどに見直すとしていた。

2014/09/12 11:41 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014091201001041.html

宇宙開発の基本計画を日本政府が政策として検討しているようだ。宇宙計画といえば、はやぶさ2の打ち上げが今年末に行われる予定なわけだが、ただ、厳しい財政事情というのがある。その辺はJAXAも良く知っていて、どの宇宙事業が重要かを判断して、人々から募金を集めたり,できるだけ低コストでできる方法を模索している。

財政難ではあるが、宇宙開発は重要な科学立国の使命である。これなくして技術は成り立たない。今、多くの技術があるのも宇宙開発技術のおかげでもある。衛生、GPS、携帯、飛行機など、どれもこれも宇宙事業にかかせないものである。

 宇宙大好き at 2014/09/15(Mon) 15:41コメント(0) 
  1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
       
最新記事
最新コメント