2013/01/15(Tue)
デス・スター、高すぎて建造却下!日本の国家予算84万年分

米ホワイトハウスは13日までに、映画「スターウォーズ」に登場する銀河帝国 軍の巨大宇宙要さい兵器「デス・スター」を、実際に建造して雇用創出してほしいとする市民の請願に対して、公式に回答した。建造費用が、85京 (850000000000000000!)ドル(約7580京円)かかるとして却下。財政再建が至上テーマのオバマ新政権には、まさに“天文学的”な金 額を、費やす余裕はなかったようだ。

映画ではダース・ベイダーの属する銀河帝国軍の球形宇宙要さいとして登場するデス・スター。星を破壊する威力も持つこの兵器を、実際に建造してほしい、とする請願は却下された。

請 願はホワイトハウスの運営する陳情受け付けサイトに出されていた。デス・スターのような施設の建造に2016年までに着手して、雇用創出と国防強化を図っ てほしい、とするもの。同サイトでは、1か月間に2万5000人以上の署名が集まれば、政府が公式に対応するのがルール。過去には「宇宙人と政府が接触し ていることを認めろ」という請願に、政府が「地球外生命体が存在する証拠はない」とマジメに回答した例もある。

今回のデス・スター建造請願には、規定の12月中旬までに、実に3万4435人が署名。政府に回答義務が生じて、注目されていた。

そしてホワイトハウスは13日までに、政府の宇宙科学担当者名義で回答。「期待されるような答えではない」と冒頭に書き、デス・スター建造は現実的ではない、と却下した。理由はまず、費用。

「85京ドル以上がかかるだろう。我々は負債増額ではなく、負債減のために今、尽力しているのだ」と説明した。1兆ドル超の財政赤字を解消し、財政再建することが最優先事項のオバマ新政権に、ケタ違いの建造費用を捻出する余裕はないというわけだ。

デス・スター、高すぎて建造却下!日本の国家予算84万年分:社会:スポーツ報知

85京ドルというわけわからない値段が見積もられたデス・スター。というより、そんなお金があっても本当に造れるのか。桁が異なるので夢物語であるのはいうまでもないが、しかし、アメリカ政府も真面目に算出したんだろうか。

確かに現実的ではない。むしろ、スターウォーズは空想の話だ。しかも、小型機がたった1機で破壊されるというとんでもない弱点がある要塞だったりする。

そんなことで却下されたわけだが、アメリカらしい答えに大笑いさせてもらった。
 宇宙大好き at 2013/01/15(Tue) 16:07コメント(0) 
    1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   
最新記事
最新コメント