2013/03/16(Sat)
日米欧の国際協力で2002年から南米チリに建設していた世界最高性能の電波望遠鏡「ALMA(アルマ)」がほぼ完成し、12日(日本時間13日未明)、報道陣に公開された。 13日(同14日未明)には、完成記念式典が開かれる。

アルマ望遠鏡は、チリ北部の標高約5000メートルの高地にあるアタカマ砂漠に建設。66台の可動式パラボラアンテナのデータを組み合わせることで、直径18・5キロ・メートルの巨大なアンテナに相当する観測性能を持つ。現在は57台がそろい、今年10月には全66台が稼働する予定だ。

観測性能は、東京から約500キロ・メートル離れた大阪に並べた二つの1円玉を2個と識別できるほどで、従来の電波望遠鏡の10~100倍。宇宙が誕生した直後の銀河の観測や、星の誕生の仕組みの解明などが期待される。

(www.yomiuri.co.jp/science/news/20130313-OYT1T00429.htm)

期待の電波望遠鏡「アルマ」がついに完成した。従来の性能の10倍以上ということで、さらなる宇宙の謎がこの電波望遠鏡によって明らかにされる。科学の事象と観測結果というのが正しく合わなければ、宇宙の謎は先に進まない。

様々な理論を照明する溜めに最後は観測が重要なのだ。しかし、観測には大規模な施設が必要なのでお金がかかる。だからこそ、日本と欧州、アメリカが協力してこのような電波望遠鏡を建設していたわけだ。


 宇宙大好き at 2013/03/16(Sat) 20:24コメント(0) 
          1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
最新記事
最新コメント