2013/04/02(Tue)
「はやぶさ」・「イカロス」両プロジェクトチームの解散について

「はやぶさ」と「Ikaros」はそれぞれプロジェクト終了の審議に付され、 当初の目的を達成すると共にプロジェクト業務を全うしたと認められました。 これを持って両チームは解散となります。

ご尽力頂いた各方面関係各位、応援いただいた世界中の方々に報告するとともに、お礼を申し上げます。 ここまでの成果は後続の宇宙事業に必ずや貢献することでしょう。 尚、小惑星サンプルおよびそれを維持管理するキュレーション業務は宇宙科学研究所へ移管されて、 今後の科学研究に供されます。

月・惑星探査プログラムグループ>お知らせ

http://www.jspec.jaxa.jp/hottopics/20130328.html

まずはお疲れ様といいたい。はやぶさもイカロスも日本の宇宙技術向上に大きく貢献してくれた。はやぶさのほうは映画にもなったので、多くの日本人は知っていることだろう。イカロスの太陽パネルの方も中々興味深いプロジェクトだった。

もちろん、これで終わりではない。培った技術は次のプロジェクトの土台となる。はやぶさ2である。民主党政権下でははやぶさ2の開発そのものが危険だったわけだが、自民党はしっかりとはやぶさ2の重要性を認識してくれた。これによって、将来、はやぶさ2が宇宙へと飛び立つ日がやってくるだろう。その時は、種子島の宇宙センターに見学に行きたいところだ。

 宇宙大好き at 2013/04/02(Tue) 16:50コメント(0) 
  1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
       
最新記事
最新コメント