2013/08/30(Fri)
下村博文文部科学相は30日の閣議後の記者会見で、27日の発射直前に打ち上げを中止した新型ロケット「イプシロン」について、コンピューター間のデータの送受信に0.07秒の遅れがあったため、姿勢異常と判断されたことを明らかにした。ロケット本体には問題はないため、9月の早い時期に打ち上げる方針だ。

イプシロンでは、ロケット側で傾きなどをセンサーで調べてコンピューターで計算し、結果を地上側に送る。このデータをもとに、適切な姿勢になっているかを判断する仕組み。今回はデータが届くタイミングが0.07秒遅れ、データがない状態を地上側のコンピューターが異常と判定し、打ち上げを止めたという。

なぜデータが遅れたかなどの詳細は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が調べている。

時事ドットコ

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3001H_Q3A830C1CR0000/

0.07秒ずれただけで打ち上げが延期となったわけだが、やはり、このような打ち上げでは少しの誤差でも非常にきをつかうらしい。打ち上げ延期は残念ではあるが、ロケット打ち上げ失敗になるよりはましだ。ただ、どうしておくれたのか。原因は知りたい。



 宇宙大好き at 2013/08/30(Fri) 14:58コメント(0) 
        1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
最新記事
最新コメント