2013/10/17(Thu)
(CNN) 地球からわずか80光年の距離に、宇宙を孤独に漂う「浮遊惑星」が発見された。

この浮遊惑星は「PSO J318.5-22」と名付けられ、恒星の周りを公転するのではなく孤独に浮かんでいる。誕生してまだ1200万年と幼く、若い恒星の周りを回る巨大ガス惑星と似た性質をもっているという。

この浮遊惑星を発見した国際研究チームを率いるハワイ大学マノア校天文研究所のマイケル・リュー氏は、「こんなふうに宇宙を自由に漂っているものは初めて見た」と述べる。

「他の恒星の周囲を回っている若い惑星とまったく同じ性質を備えているが、この星は軌道をそれてひとり漂っている」とリュー氏は語る。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35038416.html

宇宙に漂う惑星。他の惑星より離れているので惑星同士の重力の影響を受けないということか。よくわからないがただ漂っているだけなら、いつかどこかの星に衝突してしまうんだろうか。公転しない惑星の発見。宇宙にただ浮かぶだけの星か・・・。

 宇宙大好き at 2013/10/17(Thu) 19:53コメント(0) 
    1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   
最新記事
最新コメント