2013/12/30(Mon)
山形の板垣公一さんが12月13日、しし座の銀河NGC 3910に超新星2013hlを発見した。 板垣さんの超新星発見は今年8個目になる。

山形の板垣公一さんが12月13.856日(世界時)、しし座方向の銀河NGC 3910に超新星2013hlを16.7等で発見した。
超新星の位置は以下のとおり。

赤経 11時50分00.16秒
赤緯 +21度20分16.6 秒(2000.0年分点)

チリ・ラスカンパナス天文台にあるマゼランI望遠鏡での分光観測から、極大1週間後のIa型超新星とみられる。 板垣さんの超新星発見は今年8個目、通算で88個目となる。同夜にはとかげ座方向にもう1つ別の超新星候補天体 (PSN J22241321+3605008)を発見しており、こちらは分光観測による確認待ちとなっている。

http://www.astroarts.co.jp/news/2013/12/24sn2013hl/index-j.shtml

天体観測が面白い理由として宇宙にはまだまだ知らない星が多数存在することである。何百年経過しても、その数はあまりにも多いので星の発見は毎年ある。専門家が見つけることがほとんどだが、なかではアマチュアが見つけることだってある。そのとき、発見者の名前がつくことがある。

これも中々嬉しいことだ。人間の寿命は長く生きてもまだ100年どまり。しかし、名付けた星はずっと輝いている。

 宇宙大好き at 2013/12/30(Mon) 08:40コメント(0) 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
最新記事
最新コメント