2014/05/30(Fri)
24日正午すぎ、国産の主力ロケット「H2A」24号機は種子島宇宙センター(鹿児島県)を離れ、青空に姿を消した。

発射場から3・6キロ離れた建物の屋上で打ち上げ成功を見届けた関係者らは「すごい」「感動した」と口々に語りながら空を見上げた。

搭載された「だいち2号」とともに、宇宙に送り出される小型衛星の一つで、地表を撮影する高解像度カメラを載せた「RISING―2」を東北大と共同開発した北海道大の高橋幸弘教授は「バリバリという音が心臓に響き、胸のドキドキと重なった」と興奮した様子。

2009年に打ち上げた1号機は故障により観測できなかったため、「今度は成功してほしい」と期待を込めた。別の衛星を担当した日大大学院の三田恭平さん(24)は「つい最近まで触っていたものがあれに載っていると思うとすごい。 仲間に写真を送ってあげなきゃ」と笑顔を見せた。

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO71727640U4A520C1CC0000/

24日に日本のH2Aロケットが打ち上げられた。今の成功率は95.6%とかなり高い数値なので打ち上げを見ているにも安心感がある。しかし、ロケットの打ち上げというのは長年の技術の積み重ねがなければ、中々,安定しない。こうして、日本が商業用にH2Aを打ち上げるようになったのも、JAXAや三菱重工をはじめとする日本の宇宙関連技術者の成果である。

ここまで来るにも大変な道だったわけだが、日本の宇宙技術は日本の物作り結晶であることを多くの日本人が知る必要がある。東京スカツリーもそうだが、大きな建造物には様々な最新技術が使われている。

 宇宙大好き at 2014/05/30(Fri) 12:24コメント(0) 
        1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
最新記事
最新コメント