2014/11/02(Sun)
ソユーズ2.1aロケット、プログレスM-25M補給船の打ち上げに成功
October 29 - 2014 - ソユーズ

ロシア連邦宇宙局(ロスコスモス)は10月29日、プログレスM-25M補給船を搭載したソユーズ2.1aロケットの打ち上げに成功した。 プログレスM-25Mには国際宇宙ステーション(ISS)に補給するための物資が積まれており、このあと6時間後にISSへ到着する予定だ。

日本時間の今朝には、同じくISSへの補給物資を積んだシグナス補給船運用3号機が、 ロケットが爆発、墜落したことで打ち上げに失敗しており、ISSの運用のためにも、 プログレスM-25Mの無事の到着が望まれている。

プログレスM-25M補給船を搭載したソユーズ2.1aロケットは、現地時間2014年10月29日13時9分(日本時間2014年10月29日16時9分)、 カザフスタン共和国にあるバイコヌール宇宙基地の31/6発射台から離昇した。 ロケットは順調に飛行し、約9分後にプログレスM-25Mを軌道に投入した。

現在すでに太陽電池パドルや通信用アンテナなどの展開に成功し、今後6時間をかけてISSに接近する。 現時点で日本時間22時9分に、ISSのピールス(ピアース)・モジュールにドッキングする予定となっている。 プログレスM-25Mは、ロシアのRKKエネールギヤ社が開発、製造した無人の補給船で、ISSへの物資輸送を担っている。 打ち上げ時の質量は7,290kgで、そのうち補給物資として、2,350kgの水や食料、日用品、修理用部品、燃料などが搭載されている。

(http://www.sorae.jp/030804/5338.html)

国際宇宙ステーションは定期的に食料が届かない場合に備えて、半年分の備蓄はあるそうだが、こういうロケットの打ち上げが失敗したニュースを見ると、まだまだロケットの技術も完全ではないことを思い知らされる。宇宙へ補給物質を持っていく難しさてのを痛感させられた。

ただ、ソユーズ2.1aロケットは無事に打ち上げは成功しており、ISSにも到着した。しかし、ロシアは結構、ロケットの打ち上げの失敗が多い気がする。

 宇宙大好き at 2014/11/02(Sun) 19:33コメント(0) 
            1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
           
最新記事
最新コメント