2014/11/16(Sun)
東京大と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、小惑星探査機「はやぶさ2」に相乗りして打ち上げられる超小型探査機「プロキオン」の機体を東京都文京区の同大で報道陣に公開した。超小型探査機としては初めて地上局と通信しながら小惑星を目指す。

東大や北海道大などのチームが約1年という短期間で開発した。縦横55センチ、高さ63センチ、重さは65キロ。開発費は約5億円。打ち上げは今月30日の予定。

目指す天体は、打ち上げ後のエンジンの状況などを確認して最終決定するが、機体の小ささを生かし、小惑星から数十キロの距離まで接近し、高分解能 の画像撮影を計画している。また、地球の周りで薄くなった大気が光る「ジオコロナ」の全体像の撮影にも挑む。撮影に成功すれば、1972年のアポロ16号 以来になるという。

研究代表者の船瀬龍・東大准教授は「超小型探査機の性能が実証できれば、将来、宇宙での本格的な資源探査などの前に活用できるだろう」としている。【大場あい】

http://mainichi.jp/select/news/20141106k0000m040012000c.html

11月30日の打ち上げられる予定のはやぶさ2。いよいよ打ち上げまであと2週間となった。それに関連して、5日にはやぶ2に相乗りして打ち上げられる超小型探査機「プロキオン」が公開されたようだ。しかも、このプロキオンは写真撮影が可能という。高分解能写真撮影・・・これだけでもかなりわくわくするのだが、一体どこへ飛んでいくんだろうか。

宇宙というのは我々の想像を遙かに超えた広さがあり、太陽系だけでも人類が自由に移動できる時代は来るかすらわからない。そんな宇宙に人類の夢を載せた小惑星探査機が飛んでいくのだ。この先、どんな冒険が待っているのか。とても楽しみである。


 

 宇宙大好き at 2014/11/16(Sun) 15:12コメント(0) 
            1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
           
最新記事
最新コメント